fc2ブログ

縫製工場の見学

日々変わるレートや、言葉、スタイルの違いを乗り越えて世界中でビジネスが展開されている現在



made in Indiaを皆はどれくらい使っているだろうか。







インドの伝統的なものに惹かれ、また
賃金の安さから

インド製品を輸入したり、生産をインドで行っている会社は以外にも多い







見学させて頂いた会社は服の縫製工場
社長も従業員もみんなインドの人達



服を作る行程を初めて見た。
素人には分からないやり方で、どんどんどんどん作り上げていく。

手作業の職人技である





買い物の選択肢を広げ、
日本人に対して、"楽しみ"を作ってくれる

こうやって、
海外の人達が日本の豊かさを支えている。





物質的に豊かな国の物質面を支えてくれているのは、物質面でまだまだ豊かとは言えない国の人達の力だ。
この事実は知っておくべきだろう。どこか矛盾点もおぼえるが、これが事実なのだ。
仕事を与え給料を払ってるからいいんだ!って果たして言えるだろうか。お金を持つ国の責任ってきっとあると思う。

しっかりとした判断が出来る人になっていきたい





「うちの会社が潰れたら、そこで働く人やその家族が生活できなくなる。だから会社を発展させたい」同世代から聴くこの言葉には重みが、あった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤羽根 祐司

Author:赤羽根 祐司
◆鰻家一の字 オーナーシェフ
◆シンガポール在住
◆元旅人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR